本文へ移動

敬天会について

ごあいさつ

 法人の運営につきましては、日頃より皆様からの格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 敬天会は、昭和60年4月1日に故吾妻喬一初代理事長が、長年にわたる医師としての十問実践の中での経験を生かし、地域の高齢者の皆様が安心して老後を過ごせる施設として特別養護老人ホーム仁風荘(定員50名)を創立し、福祉拠点作りに尽力されたのが始まりとなっています。
 その際に掲げられた「敬天愛人」のモットーは、初代理事長が尊敬した西郷南洲翁の言葉で、良心に従いすべての人に愛をもって臨んだ南洲翁の信念でもありました。介護を必要とする人々を、医療の手をもって、思いやりの気持ちで優しく包むような施設が、初代理事長の思い描いたっ施設の姿であり、敬天会の基本理念、そして法人の名称のもととなっています。
 今後ますます少子高齢化が進み、我々の活動は、地域社会にとってより必要不可欠なものとなっていくと思います。
 誰もが安心して地域の中で生活出来る社会を実現するために、介護サービス、障害者支援サービスを通じて社会貢献の一助となれば幸いであります。 
理事長 神 林 隆 明

基本理念

自主性の尊重、自立生活支援、プライバシーの保護、地域福祉への貢献が基本理念です。

職員一人ひとりが職責を自覚し、家族・地域・医療及び関係機関との連携のもと入居者様・利用者様に対する福祉サービスの向上に努めます。また、関係法令を遵守するとともに、より質の高いサービスの提供、やりがいと誇りを感じる明るい職場づくり、地域に根差した福祉の拠点としてお役に立てるよう、誠心誠意尽力します。

運営方針

  • 法人の将来を担える人材の育成に努めます。
  • 事業所間の連携をさらに密にし、役職員一丸となり、思いやり・親切を基本に事業運営に取り組みます。
  • 先進施設の状況と職員の意向に十分配慮しながら法人基盤の強化を企業として取り組みます。
  • サービスの向上・業務改善・コスト意識等の意識改革を図ります。
社会福祉法人敬天会
指定障害者支援施設水明苑
指定特定相談支援事業所虹
グループホームつばさ寮
特別養護老人ホーム仁風荘
特別養護老人ホーム第二仁風荘
仁風荘デイサービスセンター
居宅介護支援事業所仁風荘
ヘルプセンター大石田
大石田町地域包括支援センター