本文へ移動

水明苑倫理綱領

水明苑倫理綱領

前文

   知的障がいのある人たちが、人間としての尊厳が守られ、豊かな人生を自己表現できるよう支援することが、私たちの責務です。 その為、私たちは支援者のひとりとして、確固たる倫理観をもって、その専門的役割を自覚し、自らの使命を果たさなければなりません。 ここに倫理綱領を定め、私たちの規範とします。
 
  1. 生命の尊厳
    私達は、利用者の一人ひとりを、かけがえのない存在として大切にします。
     
  2. 個人の尊重
    私達は、利用者の、ひとりの人間としての個性、主体性、可能性を尊びます。
     
  3. 人権の擁護
    私達は、利用者に対する、いかなる差別、虐待、人権侵害も許さず、人としての権利を擁護します。
     
  4. 社会への参加
    私達は、利用者が年齢、生涯の状態などにかかわりなく、社会を構成する一員としての市民生活が送れるよう支援します。
     
  5. 専門的な知識
    私達は、自らの専門的役割と使命を自覚し、絶えず研鑽を重ね、利用者の一人ひとりが豊かな暮らしを実感し、充実した人生が送れるよう支援し続けます。
社会福祉法人敬天会
指定障害者支援施設水明苑
指定特定相談支援事業所虹
グループホームつばさ寮
特別養護老人ホーム仁風荘
特別養護老人ホーム第二仁風荘
仁風荘デイサービスセンター
居宅介護支援事業所仁風荘
ヘルプセンター大石田
大石田町地域包括支援センター